省エネ住宅を目指そう!ガラス交換で断熱性アップ

Menu

窓は家を冷やす

窓

断熱の効果はすごい

マイホームを建てるという事になった時に、開放感を求めて、窓の多い家を望む人は多いのではないでしょうか。窓は外からの光を取り入れて家の中を明るくしてくれますし、家の中からも外の景色を見ることが出来るので、気持ちの良い暮らしには欠かせないものと言えるでしょう。また、夏場には窓が多いほど外の空気を取り入れやすいため、クーラーを使わない家庭にはありがたいものです。ですが、冬場の事を考えると、断熱という点に関しては窓が多ければ多いほどマイナス要素も出てきてしまいます。近年の住宅は、壁に使われている断熱剤も良くなっていますし、窓ガラス自体も高性能の商品が販売されています。ですが、高性能のガラスを使ったとしても、やはり外からの冷気が窓から入ってくる感覚はなかなか解消することが出来ません。カーテンを開けて窓の前に座ると冷たさを感じてしまう事が多いのではないでしょうか。そんな状況を解消するのに内窓はとても役に立ちます。内窓を付けることで、外からの冷気はあまり気にならなくなりますし、木になる結露も抑えることが出来ます。暖房効率がよくなるので、暖房費の削減にもつなげることが出来ます。暖房効率をよくすることのほかにも、内窓を付けることでセキュリティー効果があるというメリットもあげられます。窓ガラスを割って侵入するタイプの空き巣には、内窓がある事で入りにくい家となります。内窓は後付けでもスペースさえあればつけることが出来ますし、業者に頼んでも良いですし、材料を購入して自分で設置することも可能です。