省エネ住宅を目指そう!ガラス交換で断熱性アップ

Menu

木のぬくもりを感じる室内

男の人

省エネ対策にも励む家庭

一昔前、住宅を建てる場合、窓枠を長持ちさせようとすると鉄製が多かったため、錆が出て見栄えが極めて良くなかったことを多くの人が知っています。ところが、高度経済成長以後、錆びないだけでなく、機能性とコスト及び、耐久性の優れているアルミサッシが急速に普及しました。ところが、アルミがいつまでもきれいでも室内空間のインテリアとして冷たい感じの色調が嫌われることもあります。特に最近は、建物でも木のぬくもりに癒しを感じる人が増えて、室内インテリアにも木目調の製品が好まれる風潮が出ています。そこで、窓枠にも木製サッシを使い、室内を温かい感じにリフォームする家庭が増えてきました。但し、木の窓枠は塗料が塗ってあるので最初はきれいですが、徐々に変色したり、水に濡れれば腐食するので、室内への水漏れにつながるトラブルも考えられます。従って、木製の自然素材はメンテナンスをしっかりすれば50年から100年も持つことが実証されていますが、それを怠ると一気に寿命が短くなる欠点があります。しかも、木製サッシはアルミサッシと比べて2倍程度の価格なので、木製サッシを使ったからには和風の持つ風情を長く維持するためにも塗料のはげ落ち等はこまめに補修する必要があります。とにかく、アルミ製に比べて木製は手入れが面倒であることを認識して木製サッシを使う決心が大切です。また、リフォームの際、和風の住まいに変えるため、アルミサッシを木製サッシに変更する事情には家庭の省エネ意識の高まりもあるわけです。窓の省エネ対策では単板ガラスが一般的でしたが二重窓やペアガラスへの変更が標準仕様となってきました。同時に、アルミ製のサッシ枠も交換することが望ましいわけです。